コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅野長広 あさの ながひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野長広 あさの-ながひろ

1670-1734 江戸時代前期-中期の武士。
寛文10年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩主浅野長友の次男。元禄(げんろく)7年赤穂領内に新田をあたえられて幕府寄合となる。14年兄長矩(ながのり)の刃傷(にんじょう)事件により閉門となり,翌年広島藩へあずけられた。宝永7年新知500石をあたえられ寄合に復した。享保(きょうほう)19年6月20日死去。65歳。通称は大学。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

浅野長広の関連キーワードマルケスシャルダン平敷屋朝敏ブルボン朝ボルテールクルーアルベリック公一中節北条氏長RGB

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone