コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅野長恒 あさの ながつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野長恒 あさの-ながつね

1658-1732 江戸時代前期-中期の武士。
万治(まんじ)元年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩主浅野長直の養子。寛文13年赤穂領内若狭野に新墾田をあたえられて幕府寄合となり,元禄(げんろく)12年山田奉行となる。14年浅野長矩(ながのり)の刃傷(にんじょう)事件により出仕をとめられたがまもなくゆるされ,のち堺奉行となった。享保(きょうほう)17年9月7日死去。75歳。本姓は大石。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

浅野長恒の関連キーワード万治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android