コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅野長恒 あさの ながつね

1件 の用語解説(浅野長恒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅野長恒 あさの-ながつね

1658-1732 江戸時代前期-中期の武士。
万治(まんじ)元年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩主浅野長直の養子。寛文13年赤穂領内若狭野に新墾田をあたえられて幕府寄合となり,元禄(げんろく)12年山田奉行となる。14年浅野長矩(ながのり)の刃傷(にんじょう)事件により出仕をとめられたがまもなくゆるされ,のち堺奉行となった。享保(きょうほう)17年9月7日死去。75歳。本姓は大石。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

浅野長恒の関連キーワード筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺陶山訥庵小野権右衛門敬法門院陶山訥庵霊元天皇光琳模様

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone