(読み)シュン

精選版 日本国語大辞典の解説

さらえ さらへ【浚】

〘名〙 (動詞「さらえる(浚)」の連用形の名詞化) =さらい(浚)
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「水勢を平穏にたたへ流す故に、常に浚鑿(サラヘ)を怠るべからず」

さら・ゆ【浚】

〘他ヤ下二〙 (ハ行下二段活用の「さらふ(浚)」から転じて、室町時代ごろから用いられた語。多くの場合、終止形は「さらゆる」の形をとる) =さらえる(浚)
※足利学校本荘子抄(16C中)一「疏は通。達也。又は さらゆる也。又はさくるともよむ也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浚の関連情報