浜昼顔(読み)はまひるがお

精選版 日本国語大辞典「浜昼顔」の解説

はま‐ひるがお ‥ひるがほ【浜昼顔】

〘名〙 ヒルガオ科のつる性多年草。各地の海岸の砂地に生える。地下茎は白く砂中に長く伸びる。葉は長柄をもち、腎臓状円形、厚く光沢がある。五月頃、葉腋から花柄が伸び淡紅色で径四~五センチメートルの漏斗状花が一個ずつ咲く。萼の外側に二個の大きな苞葉がある。はまちばな。《季・夏》 〔大和本草批正(1810頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「浜昼顔」の解説

はま‐ひるがお〔‐ひるがほ〕【浜昼顔】

ヒルガオ科の蔓性(つるせい)の多年草。海岸の砂地に生え、白い地下茎が砂中をはう。葉は腎臓状円形で厚く、つやがある。5月ごろ、淡紅色で、直径4、5センチくらいのらっぱ状の花を開く。 夏》「きらきらと―が先んじぬ/汀女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android