コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜村蔵六(初代) はまむら ぞうろく

1件 の用語解説(浜村蔵六(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜村蔵六(初代) はまむら-ぞうろく

1735-1794 江戸時代中期の篆刻(てんこく)家。
享保(きょうほう)20年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)度会(わたらい)の人。京都の高芙蓉(こう-ふよう)に刀法をまなび,鋳造印の技術にすぐれた。のち江戸にすんで名をなす。蔵六が刻した芙蓉の墓碑が東京虎ノ門天徳寺に現存。寛政6年11月4日死去。60歳。本姓は橘。名は茂喬。字(あざな)は君樹。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

浜村蔵六(初代)の関連キーワード雍正帝古月軒ケイズル河原崎座雍正帝市川団十郎前古典派音楽本木良永伊達村候芳村伊十郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone