コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦上宗景 うらがみ むねかげ

2件 の用語解説(浦上宗景の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浦上宗景 うらがみ-むねかげ

?-? 織豊時代の武将。
浦上村宗の次男。父の死後,播磨(はりま)(兵庫県)室津城主の兄政宗と対立。備前(岡山県)天神山に城をきずき,のち備前,美作(みまさか),播磨を支配する。天正(てんしょう)5年(1577)重臣の宇喜多直家に城をおわれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

うらがみむねかげ【浦上宗景】

戦国時代の武将。生没年不詳。父村宗の死後,兄政宗をしのぎ,備前和気郡天神山に拠り,備前・美作を支配した。天文~元亀年間(1532‐73),尼子氏次いで毛利氏と美作・備中を舞台に覇を競った。その間,備前西半を中心に重臣宇喜多直家の勢力が伸張するに及び,1573年(天正1)足利義昭追放後の織田信長に款を通じ,播備作3国安堵の朱印を得た。その結果,宇喜多氏の離反を招き,翌年毛利氏と結んだ直家と対立,77年天神山城を攻略され,没落した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浦上宗景の関連キーワード慎到田単李唐廉頗公羊高雪村魯仲連『荘子』田村宗顕(1)東常氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浦上宗景の関連情報