コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦上宗景 うらがみ むねかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浦上宗景 うらがみ-むねかげ

?-? 織豊時代の武将。
浦上村宗の次男。父の死後,播磨(はりま)(兵庫県)室津城主の兄政宗と対立。備前(岡山県)天神山に城をきずき,のち備前,美作(みまさか),播磨を支配する。天正(てんしょう)5年(1577)重臣宇喜多直家に城をおわれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うらがみむねかげ【浦上宗景】

戦国時代の武将。生没年不詳。父村宗の死後,兄政宗をしのぎ,備前和気郡天神山に拠り,備前・美作を支配した。天文~元亀年間(1532‐73),尼子氏次いで毛利氏と美作・備中を舞台に覇を競った。その間,備前西半を中心に重臣宇喜多直家の勢力が伸張するに及び,1573年(天正1)足利義昭追放後の織田信長に款を通じ,播備作3国安堵の朱印を得た。その結果,宇喜多氏離反を招き,翌年毛利氏と結んだ直家と対立,77年天神山城を攻略され,没落した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android