浪打峠(読み)なみうちとうげ

日本大百科全書(ニッポニカ)「浪打峠」の解説

浪打峠
なみうちとうげ

岩手県北西部、二戸市(にのへし)と一戸町(いちのへまち)の境界にある旧奥州街道の峠。標高302メートル。赤松の林で覆われ、峠一帯は貝殻や海生動物の化石を含む凝灰質砂岩の波状の交叉層(こうさそう)が露出し、国の天然記念物に指定されている。『古今和歌集』の「君をおきて……末の松山波も越えなむ」の遺跡地と伝えられるが、「末の松山」は当時、海辺近くにあった宮城県多賀城市の宝国寺背後の地といわれている。

[川本忠平]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「浪打峠」の解説

浪打峠
なみうちとうげ

岩手県北部,二戸市一戸町を結ぶ旧国道上,標高 301mの。道を通すときの堀割りの両側地層が露出し,地層形成時の環境がうかがえる。貝殻や海生動物の化石を含む砂岩の地層面が波状に交叉し,美しい縞模様を描き,「浪打峠の交叉層」として天然記念物に指定。峠を含む一帯松山と呼ばれる景勝地。『古今和歌集』の「末ノ松山浪も越えなむ」の地とも伝えられるが,詠まれた地は,宮城県多賀城市八幡付近ではないかともいわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android