コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末の松山 スエノマツヤマ

大辞林 第三版の解説

すえのまつやま【末の松山】

陸奥むつ国、今の宮城県多賀城市付近にあったという山。⦅歌枕⦆ 「君をおきてあだし心を我が持たば-浪もこえなむ/古今 東歌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末の松山
すえのまつやま

岩手県北部、二戸(にのへ)市と二戸郡一戸町の境界にある浪打(なみうち)峠付近をいう。貝殻などの化石を含む凝灰質砂岩の波状の交叉(こうさ)層が露出し、『古今和歌集』の「君をおきてあだし心をわがもたば末の松山波も越えなむ」の遺跡地と伝えられるが、歌枕(うたまくら)の「末の松山」の地は、当時、海辺近くにあった宮城県多賀城市の宝国寺背後の丘陵地とされる。丘陵上には2本の老松の大木がある。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末の松山の関連情報