コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮田荘 うきたのしょう

2件 の用語解説(浮田荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

浮田荘【うきたのしょう】

日向国宮崎郡にあった荘園で,現宮崎市浮田を中心とする一帯に比定。1057年国司菅野政義が宮崎郡内の地を区画し豊前宇佐宮に寄進して成立した。1095年には柏原(かしわばる)別符などを分出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うきたのしょう【浮田荘】

日向国宮崎郡(旧,生目村。現,宮崎市浮田)の荘園。1057年(天喜5)施入された荒野を開発したのに始まる。諸県荘と並んで宇佐神領の基本的な荘園とされる。95年(嘉保2)には柏原別符,長峰別符,細江別符を分出。《八幡宇佐宮御神領大鏡》には起請定田112町とあるが,1197年(建久8)の《日向国図田帳》では田数300町となっており,弁済使として故宇佐宮司公通宿禰俊(後)家の名がみえる。1203年(建仁3)公通の嫡子公定が亡母佐伯四子の譲に任せ鎌倉幕府より浮田荘の地頭弁済使職を安堵された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone