コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海泡石 カイホウセキ

5件 の用語解説(海泡石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいほう‐せき〔カイハウ‐〕【海泡石】

マグネシウムを含む含水珪酸(けいさん)鉱物。多孔質不透明で、きめが細かい粘土状の石。乾燥すると水に浮くほど軽くなる。喫煙具のパイプなどに用いる。ミアシャムメアシャム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

海泡石【かいほうせき】

灰白色または黄赤色か青緑色を帯びた繊維状の鉱物。蛇紋岩,スカルン温泉沈殿物などに産出。化学式はMg4Si6O15(OH)26H2Oで,Al,Fe,Na,Hを少し含む。
→関連項目パイプ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいほうせき【海泡石】

広義には英名セピオライトsepiolite呼ばれるマグネシウム粘土鉱物の一種で,化学組成はMg9Si12O30(OH)6(OH2)4・6H2Oで表される。比重約2.1,モース硬度2。多くは白色,灰白色,淡紅色,淡青色,淡黄色などを呈する。石灰岩,ドロストーンなどの中に,粗ぼうな粘土状,土状を示す軟らかい脈,塊として産出することが多い。化学的には陽イオン交換性が高く,さまざまに利用される。電子顕微鏡で観察すると,長柱状を示すことも特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいほうせき【海泡石】

粘土鉱物の一。主成分は酸化マグネシウムと二酸化ケイ素。土状の白色の塊。乾燥すると水に浮く。タバコのパイプなどにする。メアシャム。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海泡石
かいほうせき

セピオライト」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海泡石の関連キーワードセピオライトアイオライトクリオライトメテオライトタピオラゼオライト学会ジオライトテイシオライトオライトフルオライト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone