コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋度 かいようどoceanity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海洋度
かいようど
oceanity

気候の海洋性の程度を数量的に示した指数。大陸度に対応する用語。F.ケルナーによる海洋度 O は,気温の年較差 A,4月,10月の平均気温をそれぞれ TATO とすると,

O=100(TOTA)/A

これによるとベルホヤンスク 4,東京 16,ホノルル 49となる。このほかにも種々の求め方がある。しかし,一般には大陸度ほどには用いられず,大陸度の大小で海洋性の程度を示すことが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいようど【海洋度 oceanity】

気候特性を示すのに大陸性,海洋性の程度を指標に用いることがある。海洋度はその海洋性の度合を数量的に表した示数で,ある地点の気候に及ぼす海洋の影響の強さを意味する。海洋性気団に支配される頻度の全体に対する百分比,あるいは,4月と10月との月平均気温の差で気温年変化の位相のずれをとらえ気温年較差に対する百分比で示すなど,いろいろの表現法が考えられている。一般には,対語である大陸度を用いることが多い。【設楽 寛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android