コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋性気団 かいようせいきだんmaritime air mass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海洋性気団
かいようせいきだん
maritime air mass

大洋上で発生した気団。水蒸気の補給が多いため下層部は湿潤である。日本に影響を与える気団のうちではオホーツク海気団小笠原気団がその例で,オホーツク海気団は寒冷で湿潤な寒帯気団,小笠原気団は温暖で湿潤な熱帯気団である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海洋性気団
かいようせいきだん

海洋上で発現する気団。気団の下層が多湿となっているのが特徴である。発現地の緯度帯によって、寒冷多湿な海洋性寒帯気団(記号mP)、高温多湿な海洋性熱帯気団(mT)、上層まで高温多湿な海洋性赤道気団(mE)に分類される。日本付近の天候に関係ある海洋性気団としては、梅雨時や秋雨時の天候と関係しているオホーツク海気団(海洋性寒帯気団に属する)と、盛夏に日本付近を覆い蒸し暑い夏の気候を形成する小笠原(おがさわら)気団(海洋性熱帯気団に属する)があげられる。このほか、台風襲来時に海洋性赤道気団が現れるが、この気団は上層まで高温多湿で、豪雨をおこしやすい。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

海洋性気団の関連キーワード海洋性気候季節風気候海洋気団海洋度朝鮮

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android