海百合(読み)ウミユリ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐ゆり【海百合】

ウミユリ綱ウミユリ目の棘皮(きょくひ)動物総称。放射状に伸びた羽状の腕をもつ冠状部と、それを支える長い茎からなり、深海底に着生。外見がユリを思わせる。日本近海にトリノアシなどがある。ウミユリ綱は茎のあるウミユリ類と、茎のないウミシダ類に分けられ、古生代中生代に栄えたが、現生種は少ない。化石ウミユリ類が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うみゆり【海百合】

〔ユリに似ているところから〕
ウミユリ綱の棘皮きよくひ動物の総称。長い柄の一端で海底の岩などに付着し、他端に体部と触腕をもつ。種類によっては20メートルにも達する。雌雄異体。古生代に繁栄し、「生きている化石」といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海百合 (ウミユリ)

動物。ウミユリ綱に属する海産動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海百合の関連情報