コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥の脚 トリノアシ

デジタル大辞泉の解説

とり‐の‐あし【鳥の脚】

ウミユリ綱ゴカクウミユリ科の棘皮(きょくひ)動物。相模湾などの深い海底に固着して生息。外観は鶏の足を逆さにしたようで、多数の腕が冠状につき、全体が薄桃色で、多くの節がある。
海藻のユイキリ別名
シダのイノモトソウの別名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とりのあし【鳥の脚】

ウミユリ綱の棘皮動物。茎部は五角柱状で長さ約50センチメートル、多数の節がある。一端は根状、他端には多くの淡紅色の触腕が冠状に生え、鶏の足を逆さにしたような外観を呈する。生きている化石として有名。相模湾などのやや深い海底に着生。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鳥の脚の関連キーワードウミユリ綱棘皮動物相模湾鳥足化石逆さ冠状一端着生他端

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥の脚の関連情報