海葱(読み)カイソウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐そう【海×葱】

ユリ科の多年草。葉は根際から出て、幅の広い線形で肉質。秋、高さ1メートル近く花茎を伸ばし、白色の花を総状につける。地中海沿岸の原産で、鱗茎(りんけい)を利尿薬などに使用。
コトジツノマタ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海葱 (カイソ・カイソウ)

植物。スギノリ科の紅藻。コトジツノマタの別称

海葱 (カイソウ)

学名:Urginea martima
植物。ユリ科の越年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐そう【海葱】

〘名〙
① ユリ科の多年草。地中海沿岸原産。高さ一メートルに達する。葉は肉質、幅広線形で二〇~三〇枚根生する。葉間に長い花茎を伸ばし、秋に白色の小さな六弁花を穂状につける。球茎利尿薬、殺鼠薬に用いる。〔遠西医方名物考(1822)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android