コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海蛍 ウミホタル

デジタル大辞泉の解説

うみ‐ほたる【海蛍】

ミオドコパ目ウミホタル科の甲殻類。太平洋沿岸の内湾によくみられる。体の両側に2枚の石灰質の殻をもち、殻長3ミリほど。夜間に活動し、体内から分泌された発光物質が海水に触れて青白く光る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うみほたる【海蛍】

介形目の海産節足動物。長さ3ミリメートルほどの卵形の二枚貝のような殻の中に、エビ状の本体があり、脚を動かして泳ぐ。発光物質を分泌し、ホタルのように青白く光る。日本の太平洋岸に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海蛍 (ウミホタル)

動物。ウミホタル科の海産発光動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

海蛍の関連キーワード井上健大二枚貝動物分布卵形

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海蛍の関連情報