コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海軍機関学校 かいぐんきかんがっこう

大辞林 第三版の解説

かいぐんきかんがっこう【海軍機関学校】

旧海軍の機関科士官の養成機関。1881年(明治14)設立。1944年(昭和19)機関科の兵科への統合に伴い、兵学校の舞鶴分校となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいぐんきかんがっこう【海軍機関学校】

海軍の機関科将校となるべき生徒を養成する学校。日本の旧海軍機関学校は,1874年横須賀に海軍兵学寮分校を置き,機関科生徒を教育したのが始まりで,78年海軍兵学校付属機関学校となり,81年独立して海軍機関学校となった。87年一時廃止,93年再び横須賀に設置され,1923年関東大震災により校舎が消失したため臨時に江田島海軍兵学校内に移り,25年京都府中舞鶴の新築校舎に移転した。生徒の採用および教育は海軍兵学校に準じて行われ,卒業後は海軍機関少尉候補生となり,練習艦隊の実習,遠洋航海を経て海軍機関少尉に任官した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の海軍機関学校の言及

【海軍兵学校】より

…1920年以降,生徒のほか選修学生の教育が行われるようになり,尉官に準ずる勤務につく優秀な准士官,下士官を教育した。第2次大戦中,生徒数の激増に伴い,大原(広島県江田島),岩国(山口県),針尾(長崎県,のち山口県防府に移転)の各地に分校が設置され,また機関科将校制度の廃止に伴い,海軍機関学校(京都府中舞鶴)は舞鶴分校となった。1945年11月30日,海軍官制の廃止に伴い廃校となったが,海軍兵学校の創設以来の卒業生は1万1182名,終戦時の在校生は1万5129名であった。…

※「海軍機関学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海軍機関学校の関連キーワード種子田 右八郎浅野 和三郎栗田 富太郎中島 知久平黒須 康之介福島 清三郎中島 与曽八池田 岩三郎種子田右八郎鹿子木 員信海軍記念館栗田富太郎佐野 静雄頓宮 基雄船橋 善弥榎本隆一郎五味 保義伊藤 孝次芥川竜之介黒須康之介

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海軍機関学校の関連情報