コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市来 いちき

2件 の用語解説(市来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市来
いちき

鹿児島県西部,いちき串木野市南部の旧町域。吹上浜の北部にある。1930年西市来村が改称して町制。2005年串木野市と合体して,いちき串木野市となった。歴史の古い土地で,市来貝塚から縄文土器が発掘される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市来
いちき

鹿児島県西部、日置(ひおき)郡にあった旧町名(市来町(ちょう))。現在はいちき串木野(くしきの)市の南部を占める。旧市来町は1930年(昭和5)西市来村が町制施行と同時に市来町と改称。2005年(平成17)串木野市と合併、いちき串木野市となった。旧町域は薩摩(さつま)半島北西部に位置し、小規模な沖積平野のほかは、大部分がシラス台地。東シナ海に面する海岸は吹上浜(ふきあげはま)の北端で、砂丘が続く。JR鹿児島本線が通じる。歴史が古く、川上貝塚では縄文時代の市来式土器を出土。平安時代には市来院(倉院)があった。江戸時代から明治にかけては宿場町、港町として栄え、経済の一大中心地であったが、鉄道の開通など交通体系の変化によって衰微した。焼酎(しょうちゅう)は伝統のある特産品。鹿児島市への通勤者が増加している。重要無形民俗文化財に指定されている七夕踊(たなばたおどり)は、毎年8月に行われる農民の素朴な伝統芸能である。[平岡昭利]
『『市来町郷土誌』(1982・市来町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市来の関連キーワード串木野いちき串木野鹿児島県いちき串木野市旭町鹿児島県いちき串木野市大里鹿児島県いちき串木野市上名鹿児島県いちき串木野市栄町鹿児島県いちき串木野市下名鹿児島県いちき串木野市羽島鹿児島県いちき串木野市緑町鹿児島県いちき串木野市湊町

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市来の関連情報