コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市来 いちき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市来
いちき

鹿児島県西部,いちき串木野市南部の旧町域。吹上浜の北部にある。1930年西市来村が改称して町制。2005年串木野市と合体して,いちき串木野市となった。歴史の古い土地で,市来貝塚から縄文土器が発掘される。古代末期には市来院(いちくのいん)の郡司居館があった。のち島津氏の領地となり,中心地区の湊は薩摩藩の商港として栄えた。北東部はシラス台地で,海岸には砂丘が見られる。おもにサツマイモ,米,スイカを栽培し,焼酎は特産物。1965年頃から酪農やミカン栽培に力が注がれた。漁業も盛ん。毎年 8月に大里を中心に行なわれる七夕踊は国指定重要無形民俗文化財。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市来
いちき

鹿児島県西部、日置(ひおき)郡にあった旧町名(市来町(ちょう))。現在はいちき串木野(くしきの)市の南部を占める。旧市来町は1930年(昭和5)西市来村が町制施行と同時に市来町と改称。2005年(平成17)串木野市と合併、いちき串木野市となった。旧町域は薩摩(さつま)半島北西部に位置し、小規模な沖積平野のほかは、大部分がシラス台地。東シナ海に面する海岸は吹上浜(ふきあげはま)の北端で、砂丘が続く。JR鹿児島本線が通じる。歴史が古く、川上貝塚では縄文時代の市来式土器を出土。平安時代には市来院(倉院)があった。江戸時代から明治にかけては宿場町、港町として栄え、経済の一大中心地であったが、鉄道の開通など交通体系の変化によって衰微した。焼酎(しょうちゅう)は伝統のある特産品。鹿児島市への通勤者が増加している。重要無形民俗文化財に指定されている七夕踊(たなばたおどり)は、毎年8月に行われる農民の素朴な伝統芸能である。[平岡昭利]
『『市来町郷土誌』(1982・市来町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

市来の関連キーワード鹿児島県いちき串木野市いちき串木野(市)いちき串木野[市]市来崎 のり子湯之元[温泉]七夕踊[市来]宇宿彦右衛門市来[町]松山[町]4月13日吹上[町]日置[市]来民うちわ砂川[市]勝目 テル三笠(市)下弓田遺跡市来笑理広田遺跡テルペン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市来の関連情報