消息往来(読み)ショウソクオウライ

大辞林 第三版の解説

しょうそくおうらい【消息往来】

往来物の一。消息文を集めたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうそく‐おうらい セウソクワウライ【消息往来】

〘名〙 往来物の一つ。啓蒙・教育のために編まれた消息文の教科書。消息文の模範文例集としては文明一八年(一四八六)写のものをはじめ、近世に各種の刊本がある。また、消息文の用字・用語・成句などを集めたものとしては、鎌倉前期の菅原為長の「消息詞」を先駆とし、江戸中期の高井蘭山の「消息往来」(寛政五年(一七九三))により普及、類書が多く現われるに至った。
※新浦島(1895)〈幸田露伴〉二「いろはより消息往来(セウソクワウライ)商売往来ぐらゐまでを貧寺の耄碌和尚に習ひたる外は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android