消費者事故(読み)ショウヒシャジコ

デジタル大辞泉の解説

しょうひしゃ‐じこ〔セウヒシヤ‐〕【消費者事故】

安全性を欠く製品・施設・サービスの使用によって消費者の生命・身体に被害が生じた事故。消費者安全法により、消費者事故の発生に関する情報を得た行政機関地方公共団体国民生活センターの長は、被害の拡大や類似事故の発生が想定される場合、内閣総理大臣に通知しなければならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消費者事故の関連情報