深作 欣二(読み)フカサク キンジ

20世紀日本人名事典の解説

深作 欣二
フカサク キンジ

昭和・平成期の映画監督 日本映画監督協会理事長。



生年
昭和5(1930)年7月3日

没年
平成15(2003)年1月12日

出生地
茨城県水戸市

学歴〔年〕
日本大学芸術学部文芸科〔昭和28年〕卒

主な受賞名〔年〕
年間代表シナリオ(昭47 53 61 62年度)「軍旗はためく下に」「柳生一族の陰謀」「火宅の人」「必殺4 恨みはらします」,ゴールデン・アロー賞(映画賞 昭48年度)「仁義なき戦い」,ブルーリボン賞(監督賞 昭50年度)「仁義の墓場」「県警対組織暴力」,キネマ旬報賞(監督賞 昭57年度)「蒲田行進曲」,ブルーリボン賞(監督賞 昭57年度)「蒲田行進曲」,日本アカデミー賞(監督賞・脚本賞 第10回)〔昭和62年〕「火宅の人」,芸術選奨文部大臣賞(第45回 平6年度)「忠臣蔵外伝 四谷怪談」,日本アカデミー賞(監督賞・作品賞・脚本賞 第18回 平6年度)「忠臣蔵外伝四谷怪談」,紫綬褒章〔平成9年〕,ブルーリボン賞(特別賞 第45回)〔平成15年〕,日本アカデミー賞(会長特別賞 第26回)〔平成15年〕

経歴
昭和28年東映入社。翌年東京撮影所助監督勤務となり、36年「風来坊探偵・赤い谷の惨劇」で監督デビュー。39年谷口千吉監督の「ジャコ万と鉄」を高倉健の主演で再映画化してヒットさせた。48年「仁義なき戦い」を発表、広島の暴力団抗争事件を題材に、手持ちカメラによる荒々しい映像で描いて大ヒット。シリーズ化されて東映のヤクザ映画を任俠路線から実録路線へ転換させるきっかけとなった。57年つかこうへい原作・脚本の「蒲田行進曲」でキネマ旬報監督賞を受賞する。その後、「上海バンスキング」(59年)、「火宅の人」(61年)、「華の乱」(63年)、「いつかギラギラする日」(平成4年)、「忠臣蔵外伝 四谷怪談」(6年)、「おもちゃ」(10年)など時代劇、文芸物、SFと幅広い題材をスケール感のある映像と演出で描いて成功。8年日本映画監督協会理事長に就任。9年初のドキュメンタリー「20世紀黙示録・もの食う人びと」(テレ朝)を監督。12年中学生が生き残りをかけて殺し合う「バトル・ロワイアル」の過激な暴力描写が社会的な論議を巻き起こした。14年9月「バトル・ロワイアルII」の製作発表の席上、骨癌を公表。同年12月撮影を開始したが入院、15年1月死去。他の作品に「誇り高き挑戦」(昭和37年)、「軍旗はためく下に」(46年)、「人斬り与太」シリーズ(47年)、「仁義の墓場」(50年)、「柳生一族の陰謀」(53年)、「青春の門」(56年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

深作 欣二 (ふかさく きんじ)

生年月日:1930年7月3日
昭和時代;平成時代の映画監督
2003年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深作 欣二の関連情報