コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深沈 シンチン

2件 の用語解説(深沈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐ちん【深沈】

[名・形動]落ち着いていて、物事に動じないこと。深くもの静かなこと。また、そのさま。
「―なる荒尾も已むを得ざらんように破顔しつ」〈紅葉金色夜叉
[ト・タル][文][形動タリ]
落ち着いているさま。「深沈として動じない」
「白色―たる大理石像」〈上田敏・美術の翫賞〉
夜が静かに更けていくさま。「秋の夜が深沈と更ける」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんちん【深沈】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
落ち着いている・こと(さま)。 「 -なる馭者の魂も、此時跳るばかりに動ゆらめきぬ/義血俠血 鏡花
夜がふけてゆく・こと(さま)。 「 -の䂖気に包まれて、天地悠久の感に撲たれた/日本北アルプス縦断記 烏水
( トタル ) [文] 形動タリ 
に同じ。 「 -たる態度」
に同じ。 「 -と夜はふけゆく」 「秋の夜の-たる空/青春 風葉

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone