深沈(読み)シンチン

デジタル大辞泉の解説

しん‐ちん【深沈】

[名・形動]落ち着いていて、物事に動じないこと。深くもの静かなこと。また、そのさま。
「―なる荒尾も已むを得ざらんように破顔しつ」〈紅葉金色夜叉
[ト・タル][文][形動タリ]
落ち着いているさま。「深沈として動じない」
「白色―たる大理石像」〈上田敏・美術の翫賞〉
夜が静かに更けていくさま。「秋の夜が深沈と更ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんちん【深沈】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
落ち着いている・こと(さま)。 「 -なる馭者の魂も、此時跳るばかりに動ゆらめきぬ/義血俠血 鏡花
夜がふけてゆく・こと(さま)。 「 -の䂖気に包まれて、天地悠久の感に撲たれた/日本北アルプス縦断記 烏水
( トタル ) [文] 形動タリ 
に同じ。 「 -たる態度」
に同じ。 「 -と夜はふけゆく」 「秋の夜の-たる空/青春 風葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐ちん【深沈】

〘名〙 (形動ナリ・タリ)
① 落ち着いて物事に動じないこと。また、そのさま。着。
※東海一漚集(1375頃)三「師之平居、深沈寡語」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四「マルツラバースは英人の深沈(シンチン)なるに似ず、事物の奇異を喜び」 〔北史‐斉神武本紀〕
② ふかくもの静かなこと。夜の深く静かにふけてゆくこと。夜がふけて物音一つ聞こえないこと。また、そのさま。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android