深沈(読み)シンチン

デジタル大辞泉の解説

しん‐ちん【深沈】

[名・形動]落ち着いていて、物事に動じないこと。深くもの静かなこと。また、そのさま。
「―なる荒尾も已むを得ざらんように破顔しつ」〈紅葉金色夜叉
[ト・タル][文][形動タリ]
落ち着いているさま。「深沈として動じない」
「白色―たる大理石像」〈上田敏・美術の翫賞〉
夜が静かに更けていくさま。「秋の夜が深沈と更ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんちん【深沈】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
落ち着いている・こと(さま)。 「 -なる馭者の魂も、此時跳るばかりに動ゆらめきぬ/義血俠血 鏡花
夜がふけてゆく・こと(さま)。 「 -の䂖気に包まれて、天地悠久の感に撲たれた/日本北アルプス縦断記 烏水
( トタル ) [文] 形動タリ 
に同じ。 「 -たる態度」
に同じ。 「 -と夜はふけゆく」 「秋の夜の-たる空/青春 風葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android