コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深沈 シンチン

デジタル大辞泉の解説

しん‐ちん【深沈】

[名・形動]落ち着いていて、物事に動じないこと。深くもの静かなこと。また、そのさま。
「―なる荒尾も已むを得ざらんように破顔しつ」〈紅葉金色夜叉
[ト・タル][文][形動タリ]
落ち着いているさま。「深沈として動じない」
「白色―たる大理石像」〈上田敏・美術の翫賞〉
夜が静かに更けていくさま。「秋の夜が深沈と更ける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんちん【深沈】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
落ち着いている・こと(さま)。 「 -なる馭者の魂も、此時跳るばかりに動ゆらめきぬ/義血俠血 鏡花
夜がふけてゆく・こと(さま)。 「 -の䂖気に包まれて、天地悠久の感に撲たれた/日本北アルプス縦断記 烏水
( トタル ) [文] 形動タリ 
に同じ。 「 -たる態度」
に同じ。 「 -と夜はふけゆく」 「秋の夜の-たる空/青春 風葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

深沈の関連キーワード寺島宗則講学大度破顔

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android