コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混効験集 こんこうけんしゅう

大辞林 第三版の解説

こんこうけんしゅう【混効験集】

琉球語の古語の辞典。二巻。1711年序。尚貞の宣旨せんじで識名盛命などによって編纂された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

混効験集
こんこうけんしゅう

沖縄の古語辞書。乾坤(けんこん)2巻からなり、乾巻は11部門約380項目語、坤巻は12部門約720項目語で構成されている。1711年(康煕50)国王尚貞(しょうてい)の宣旨を受け、三司官識名盛命(しきなせいめい)以下7人が編集した。序文によれば、尚賢(しょうけん)、尚質(しょうしつ)、尚貞3代の国王に仕えた老女が覚えているオモロ語や古語の口号(口ずさみ)を収録したものという。沖縄古語だけでなく和語も散見され、大和(やまと)の辞書、物語類からの引例が目をひく。とくに辞書の『呉竹集(ごちくしゅう)』『節用集(せつようしゅう)』が活用されている。書名の意味は、効験あることばを集めてひとまとめ(混)にした集、の意らしい。沖縄県立博物館所蔵の「評定所本(ひょうじょうしょぼん)」は最古の筆写本であり、原本であろうと思われる。評定所本の影印を収め流布(るふ)本との校異を示したものに『混効験集――校本と研究』(外間守善(ほかましゅぜん)編著・1970)がある。[外間守善]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

混効験集の関連キーワードアマミキュ・シネリキュニライカナイ外間守善識名盛命琉球語

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android