コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外間守善 ほかま しゅぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

外間守善 ほかま-しゅぜん

1924-2012 昭和後期-平成時代の国語学者。
大正13年12月6日生まれ。昭和43年法大教授,のち法大沖縄文化研究所長を兼任し,退職後,沖縄学研究所長。国学院大在学中,金田一京助,柳田国男らの教えをうける。卒業後,東大で服部四郎に師事して言語理論をまなび,沖縄の神歌おもろの研究をすすめた。平成8年「南島文学論」で角川源義賞。平成24年11月20日死去。87歳。沖縄県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

外間守善【ほかましゅぜん】

言語学者,沖縄文化研究者。沖縄県那覇市に生まれる。沖縄師範学校学徒として沖縄戦を闘い,激戦を生き残る。国学院大学文学部国文学科卒業後,東京大学文学部言語学科で学ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

外間守善の関連キーワードおもろさうしよしや思鶴田島利三郎女官御双紙識名盛命恩納なべ沖縄文学仲里旧記混効験集伊波普猷琉球文化オモロ琉球語ユンタ琉歌組踊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外間守善の関連情報