混合熱(読み)コンゴウネツ

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうねつ【混合熱 heat of mixing】

一定温度で2種類の物質を混合する際に発生または吸収される量をいう。普通は液体どうしの混合についていうが,気体あるいは固体どうしでも差支えない。液体‐気体,あるいは固体‐液体間の場合に混合したあとが均一な溶体であれば,その熱量変化は溶解熱と呼ばれる。また2種類のうち一方がすでに溶液で,他方がその溶媒の場合には希釈熱で呼ばれる。精密熱量計による直接測定が可能であり,構成分子間の相互作用エネルギーについての知見が導かれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こんごう‐ねつ コンガフ‥【混合熱】

〘名〙 等温・等圧下で二種以上の純物質を混ぜあわせたときに発生あるいは吸収される熱。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

混合熱
コンゴウネツ
heat of mixing

2種類の物質を対等に考えたとき,これらの混合により発生または吸収される熱.おもに液体と液体,気体と気体の混合に対して用いられる.液体と液体の場合でも,一方を溶媒,他方を溶質と考えたとき溶解熱という.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android