コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水平七 しみず へいしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水平七 しみず-へいしち

1826-1896 江戸後期-明治時代の陶工。
文政9年生まれ。清水勇助の兄。美濃(みの)(岐阜県)温故焼の祖。祖父(伯父とも)孫六に陶法をまなび,各地で修業。嘉永(かえい)ごろ美濃不破郡赤坂に窯をひらく。伊勢(いせ)の万古焼にならって茶器,酒器をつくり,御勝山焼,のち温故焼と称した。大垣藩の御用もつとめた。明治29年11月9日死去。71歳。号は温故。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清水平七の関連キーワード河野忠次明治時代陶工

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android