コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水平七 しみず へいしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水平七 しみず-へいしち

1826-1896 江戸後期-明治時代の陶工。
文政9年生まれ。清水勇助の兄。美濃(みの)(岐阜県)温故焼の祖。祖父(伯父とも)孫六に陶法をまなび,各地で修業。嘉永(かえい)ごろ美濃不破郡赤坂に窯をひらく。伊勢(いせ)の万古焼にならって茶器,酒器をつくり,御勝山焼,のち温故焼と称した。大垣藩の御用もつとめた。明治29年11月9日死去。71歳。号は温故。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清水平七の関連キーワード河野忠次明治時代陶工

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android