コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清浄栽培 せいじょうさいばいclean culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清浄栽培
せいじょうさいばい
clean culture

野菜の栽培に肥料として人糞尿を用いないもの。従来,野菜栽培には人糞尿を肥料として用いてきたが,伝染性病菌や回虫卵がついていて,生食に難があるところから,重視されるようになった。厳密な形の清浄栽培では,水,礫,砂をガラス室やガラス器内に整備して,これに化学肥料を含んだ水を施して栽培する形がとられる。普通の畑で,化学肥料を用いて栽培する方法もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

清浄栽培【せいじょうさいばい】

生食用の野菜などを衛生的に生産する栽培法。従来日本の野菜栽培には下肥(しもごえ)が多く使われていたが,寄生虫の危険があるため堆厩肥(たいきゅうひ)と化学肥料とにより栽培することが奨励され,これを清浄栽培と称した。
→関連項目西洋野菜

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清浄栽培
せいじょうさいばい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

清浄栽培の関連キーワード砂耕法

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android