コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清浄野菜 セイジョウヤサイ

デジタル大辞泉の解説

せいじょう‐やさい〔セイジヤウ‐〕【清浄野菜】

下肥(しもごえ)を使わず、化学肥料で栽培した野菜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいじょうやさい【清浄野菜】

下肥を使わないで栽培した野菜。現在では、無農薬野菜、水耕栽培による野菜などをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清浄野菜
せいじょうやさい

野菜の栽培において、第二次世界大戦前はほとんどの農家が下肥を用いていた。戦後になって西洋野菜の普及とともに化学肥料を用いるようになった。下肥を用いると回虫卵など衛生面で問題があるが、化学肥料ではその心配がないことから、化学肥料を用いて栽培した野菜を清浄野菜とよぶようになった。しかし、衛生面を配慮したことよりもむしろ化学肥料への依存度の高い野菜としての意味合いが強く、手数などの経済性や栽培法の変化から、ほとんどの野菜に化学肥料が用いられ、実際には清浄野菜とよぶ必要性はなくなった。化学肥料の利用は、野菜の栽培法の変化にも大きく貢献した。土地を使わずに、肥料を溶かした水にプラスチック板を浮かべて、その上で野菜を育てる水耕栽培や、砂や砂利を土がわりに用い、肥料を含んだ水を流して栽培する礫耕(れっこう)栽培などがその代表である。さらに、ビニルハウスや品種改良を組み合わせ、野菜の栽培そのものがどんどん変化した。一方、化学肥料の普及に伴い、野菜の品質、とくに風味の低下や、地質の低下が問題になり、また、農薬や化学肥料自体が野菜の汚染につながるために堆肥(たいひ)などを用いた有機栽培が注目され、有機無農薬野菜が人体に安全な、また、自然環境を汚染しない食材として支持されるようになっている。[河野友美・山口米子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

清浄野菜の関連キーワードオートマティックプランター清浄栽培砂耕法水耕法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android