清田区(読み)きよた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清田〔区〕
きよた

北海道中西部,札幌市南東部を占める区。 1997年豊平区東部が分離して区制。区域の大部分丘陵地山林から成り,厚別 (あしりべつ) 川が縦断する。近郊農村地帯であったが,1960年代から大型団地の造成が進み,札幌市の郊外住宅地として発展。南西部の白旗山 (322m) は市最大の市有林を擁し,行楽地として親しまれている。面積 59.87km2。人口 11万5726(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清田区の関連情報