コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月寒 つきさむ

3件 の用語解説(月寒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月寒
つきさむ

北海道中西部,札幌市豊平区の南東部,月寒丘陵 (標高 30~40m) にある地区。アイヌ語のツキサップに「月寒」の字をあてていたが,近年「つきさむ」と読まれるようになった。 1961年旧豊平町が札幌市に編入されるまで,町の中心地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

月寒【つきさむ】

北海道札幌市豊平区の一地区。旧豊平町の中心街。もと〈つきさっぷ〉と呼んだ。丘陵性の草原台地に北海道農業試験場畜産部(旧月寒種羊場)があり,有畜農業の試験研究が行われ,メンヨウ,牛,馬,豚,キツネなどを飼育。
→関連項目札幌[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕月寒(つきさむ)


札幌市豊平(とよひら)区北西部の住宅地区。1961年(昭和36)に同市に編入された豊平町の中心市街をさす。かつてはアイヌ語の原音に近い「つきさっぷ」とよばれた。国道36号沿いに商店街が広がり、南側の羊ヶ丘(ひつじがおか)地区は北海道農業試験場の広大な緑地で、羊ヶ丘展望台クラーク博士の像、家畜衛生試験場などがある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の月寒の言及

【札幌[市]】より

…市域面積は1121km2で人口100万人以上の大都市の中では全国で最も広い。市街地の大部分は石狩平野南西部の豊平(とよひら)川の扇状地上にあり,南・西部には藻岩(もいわ)山手稲山が,東には月寒(つきさむ)台地や野幌(のつポろ)丘陵が連なり,北は泥炭地を含む沖積低地となっている。すでに安政年間(1854‐60)には和人の移住がみられたが,本格的な集落の成立は北海道開拓使の札幌本府が建設された1869年(明治2)以降である。…

※「月寒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月寒の関連情報