コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月寒 つきさむ

3件 の用語解説(月寒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月寒
つきさむ

北海道中西部,札幌市豊平区の南東部,月寒丘陵 (標高 30~40m) にある地区。アイヌ語のツキサップに「月寒」の字をあてていたが,近年「つきさむ」と読まれるようになった。 1961年旧豊平町が札幌市に編入されるまで,町の中心地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

月寒【つきさむ】

北海道札幌市豊平区の一地区。旧豊平町の中心街。もと〈つきさっぷ〉と呼んだ。丘陵性の草原台地に北海道農業試験場畜産部(旧月寒種羊場)があり,有畜農業の試験研究が行われ,メンヨウ,牛,馬,豚,キツネなどを飼育。
→関連項目札幌[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕月寒(つきさむ)


札幌市豊平(とよひら)区北西部の住宅地区。1961年(昭和36)に同市に編入された豊平町の中心市街をさす。かつてはアイヌ語の原音に近い「つきさっぷ」とよばれた。国道36号沿いに商店街が広がり、南側の羊ヶ丘(ひつじがおか)地区は北海道農業試験場の広大な緑地で、羊ヶ丘展望台クラーク博士の像、家畜衛生試験場などがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の月寒の言及

【札幌[市]】より

…市域面積は1121km2で人口100万人以上の大都市の中では全国で最も広い。市街地の大部分は石狩平野南西部の豊平(とよひら)川の扇状地上にあり,南・西部には藻岩(もいわ)山手稲山が,東には月寒(つきさむ)台地や野幌(のつポろ)丘陵が連なり,北は泥炭地を含む沖積低地となっている。すでに安政年間(1854‐60)には和人の移住がみられたが,本格的な集落の成立は北海道開拓使の札幌本府が建設された1869年(明治2)以降である。…

※「月寒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

月寒の関連キーワード北海道札幌市豊平区北海道札幌市豊平区豊平一条北海道札幌市豊平区豊平九条北海道札幌市豊平区豊平五条北海道札幌市豊平区豊平三条北海道札幌市豊平区豊平七条北海道札幌市豊平区豊平二条北海道札幌市豊平区豊平八条北海道札幌市豊平区豊平四条北海道札幌市豊平区豊平六条

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月寒の関連情報