清誉(読み)せいよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清誉 せいよ

?-? 戦国-織豊時代の僧,連歌師。
薩摩(さつま)(鹿児島県)の人。京都の浄土宗不断光院の住持。天文(てんぶん)16年(1547)の何路百韻や天正(てんしょう)元年(1573)の大覚寺千句などの会に出席。また島津貴久(たかひさ)にまねかれ,薩摩に不断光院をひらいた。天正9年までは生存。法名は芳渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android