コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清麿 キヨマロ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清麿 きよまろ

1813-1855* 江戸時代後期の刀工。
文化10年3月6日生まれ。真雄(まさお)の弟。信濃(しなの)(長野県)上田藩の郷士の子。藩の刀工河村寿隆に師事し,正行と銘をきる。のち江戸の兵学者窪田清音(くぼた-すがね)の庇護(ひご)をうけ志津三郎兼氏(かねうじ)の作風を研究,源清麿と銘をあらためる。嘉永(かえい)7年11月14日病苦のため自刃(じじん)。42歳。重要美術品の刀4口(ふり)が現存する。姓は山浦。名は環。号は一貫斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

清麿

没年:嘉永7.11.14(1855.1.2)
生年:文化10.3.6(1813.4.6)
江戸末期の刀工。名は環。信州上田藩の郷士の子として,佐久郡赤岩(長野県東部町滋野)に生まれた。はじめ兄真雄と共に上田藩工河村寿隆に学び,独立して松代に移ったが数年で江戸に出て,のちに講武所寄合となる窪田清音のもとで鍛刀する。銘ははじめ完利,次いで正行,弘化3(1846)年に清麿と改名した。作品は初期は師寿隆風の丁字乱れの刃文であったが,弘化ごろから沸の強い独特の乱刃の作風を展開し,名声が上がり,その住所と鎌倉時代の名工正宗にちなんで四谷正宗と称された。しかし病を苦にして42歳で自刃した。<参考文献>中島宇一『清麿大鑑』

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きよまろ【清麿】

1813~1854) 江戸末期の刀工。信濃の人。本名、山浦内蔵助環。その天才的作刀により四谷正宗と唱えられたが、四二歳で自刃。新々刀期を代表する刀工。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

清麿 (きよまろ)

生年月日:1813年3月6日
江戸時代末期の刀工
1855年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

清麿の関連キーワード佐藤 千夜子佐久間 文吾渡辺 はま子佐久間文吾佐藤 朝山小堀 鞆音本朝水滸伝並木 路子藤山 一郎春雨物語生年月日佐藤玄々上原 敏佐藤朝山山浦清麿直胤作刀最澄清人新刀

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清麿の関連情報