コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清麿 キヨマロ

4件 の用語解説(清麿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きよまろ【清麿】

[1813~1854]江戸後期の刀工。信濃の人。姓は山浦。通称、環(たまき)。銘は源清麿。江戸の四谷に住み、四谷正宗とよばれた。勤王志士と交わり、幕府に監視されたのを憤って自刃した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清麿 きよまろ

1813-1855* 江戸時代後期の刀工。
文化10年3月6日生まれ。真雄(まさお)の弟。信濃(しなの)(長野県)上田藩の郷士の子。藩の刀工河村寿隆に師事し,正行と銘をきる。のち江戸の兵学者窪田清音(くぼた-すがね)の庇護(ひご)をうけ志津三郎兼氏(かねうじ)の作風を研究,源清麿と銘をあらためる。嘉永(かえい)7年11月14日病苦のため自刃(じじん)。42歳。重要美術品の刀4口(ふり)が現存する。姓は山浦。名は環。号は一貫斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清麿

没年:嘉永7.11.14(1855.1.2)
生年:文化10.3.6(1813.4.6)
江戸末期の刀工。名は環。信州上田藩の郷士の子として,佐久郡赤岩(長野県東部町滋野)に生まれた。はじめ兄真雄と共に上田藩工河村寿隆に学び,独立して松代に移ったが数年で江戸に出て,のちに講武所寄合となる窪田清音のもとで鍛刀する。銘ははじめ完利,次いで正行,弘化3(1846)年に清麿と改名した。作品は初期は師寿隆風の丁字乱れの刃文であったが,弘化ごろから沸の強い独特の乱刃の作風を展開し,名声が上がり,その住所と鎌倉時代の名工正宗にちなんで四谷正宗と称された。しかし病を苦にして42歳で自刃した。<参考文献>中島宇一『清麿大鑑』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きよまろ【清麿】

1813~1854) 江戸末期の刀工。信濃の人。本名、山浦内蔵助環。その天才的作刀により四谷正宗と唱えられたが、四二歳で自刃。新々刀期を代表する刀工。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清麿の関連キーワード鈴木柳塘貞次十津川警部 幻想の信州上田包綱狩野永翁国包(5代)綱俊(初代)真雄正恒(1)源清麿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清麿の関連情報