コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋川義季 しぶかわ よしすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋川義季 しぶかわ-よしすえ

1314-1335 鎌倉-南北朝時代の武将。
正和(しょうわ)3年生まれ。渋川幸子(こうし)の父。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)一門の当主足利尊氏にしたがい六波羅探題を攻撃。建武(けんむ)政権では,鎌倉府の関東廂番(ひさしばん)一番筆頭となる。のち北条時行のおこした中先代(なかせんだい)の乱の鎮圧にむかい,武蔵(むさし)女影原(おなかげはら)で敗れ,建武2年7月22日自害。22歳。通称は又三郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の渋川義季の言及

【渋川氏】より

…清和源氏。足利氏の支族。足利泰氏の子義顕(初名兼氏)が上野国渋川荘を所領したのに始まるという。義顕の曾孫義季は足利尊氏,直義に属し,1335年(建武2)北条時行勢を武蔵国女影(おなかげ)原に防いで自刃。のちその女幸子は足利義詮夫人となった。義季の嫡孫(幸子の甥)義行は65年(正平20∥貞治4)鎮西探題に起用されたが,南朝勢力の強い九州に入れず,やがて解任された。その子渋川満頼は今川了俊解任後の九州探題となり,96年(応永3)博多に着任した。…

※「渋川義季」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渋川義季の関連キーワード南北朝時代渋川義行岩松経家

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android