渡辺拈華(読み)わたなべ ねんげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺拈華 わたなべ-ねんげ

?-1872 江戸後期-明治時代の画家。
渡辺蓬島(ほうとう)の長男田能村竹田(たのむら-ちくでん)にまなび,父のをついで絵画表装を業とした。人物画を得意とした。のち豊後(ぶんご)(大分県)岡藩の画員となる。明治5年死去。享年は七十余歳。豊後出身。名は大太。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android