コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺樵山 わたなべ しょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺樵山 わたなべ-しょうざん

1821-1873 幕末-明治時代の儒者。
文政4年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩医渡辺奎輔(けいすけ)の長男。松崎慊堂(こうどう)にやしなわれ,儒学をまなぶ。万延元年紀伊(きい)和歌山藩につかえた。明治6年12月18日死去。53歳。名は魯。字(あざな)は正風。通称は魯輔。別号に荘廬。著作に「焉能為詩集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渡辺樵山の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android