コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺 暁雄 ワタナベ アケオ

20世紀日本人名事典の解説

渡辺 暁雄
ワタナベ アケオ

昭和期の指揮者 広島交響楽団名誉音楽監督;作陽音楽大学客員教授;東京芸術大学名誉教授;東京都交響楽団名誉指揮者。



生年
大正8(1919)年6月5日

没年
平成2(1990)年6月22日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京音楽学校研究科〔昭和17年〕修了,ジュリアード音楽学校指揮科〔昭和27年〕中退

主な受賞名〔年〕
フィンランド第一級獅子勲章〔昭和33年〕,フランス芸術文化勲章〔昭和35年〕,日本芸術院賞〔昭和41年〕,フィンランド白バラ勲章コマンダー章〔昭和51年〕,毎日芸術賞〔昭和53年〕,モービル音楽賞(第12回)〔昭和57年〕

経歴
声楽家の母渡辺シーリ(フィンランド人)のもとで幼少の頃から音楽に親しむ。初めバイオリン奏者として活動、のち指揮に転じ、昭和23〜29年東京フィルハーモニー初代専属指揮者として活躍。在任中、ジュリアード音楽学校に留学。31年日本フィルハーモニー交響楽団の創立に参画し、43年まで同団の初代専属指揮者。45〜47年京都市響常任指揮者、47〜53年東京都響音楽監督を歴任、53年より再び日フィルの音楽監督を務めたが、59年に辞任して広島交響楽団の音楽監督に就任。一方24年以来東京芸大で教え、55年から客員教授。また57年作陽音大の音楽学部長に就任。特にシベリウスの演奏では高い評価を受けている。訳書に「トスカニーニの生涯」など。平成4年渡辺暁雄音楽賞が設立された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

渡辺 暁雄
ワタナベ アケオ


職業
指揮者

肩書
広島交響楽団名誉音楽監督,作陽音楽大学客員教授,東京芸術大学名誉教授,東京都交響楽団名誉指揮者 日本芸術院会員〔昭和53年〕

生年月日
大正8年 6月5日

出生地
東京

学歴
東京音楽学校研究科〔昭和17年〕修了,ジュリアード音楽学校指揮科〔昭和27年〕中退

経歴
声楽家の母渡辺シーリ(フィンランド人)のもとで幼少の頃から音楽に親しむ。初めバイオリン奏者として活動、のち指揮に転じ、昭和23〜29年東京フィルハーモニー初代専属指揮者として活躍。在任中、ジュリアード音楽学校に留学。31年日本フィルハーモニー交響楽団の創立に参画し、43年まで同団の初代専属指揮者。45〜47年京都市響常任指揮者、47〜53年東京都響音楽監督を歴任、53年より再び日フィルの音楽監督を務めたが、59年に辞任して広島交響楽団の音楽監督に就任。一方24年以来東京芸大で教え、55年から客員教授。また57年作陽音大の音楽学部長に就任。特にシベリウスの演奏では高い評価を受けている。訳書に「トスカニーニの生涯」など。平成4年渡辺暁雄音楽賞が設立された。

所属団体
日本演奏連盟(理事),日本指揮者協会,日本オペラ協会(評議員),スター・ダンサーズ・バレエ団(理事長)

受賞
日本芸術院賞〔昭和41年〕 フィンランド第一級獅子勲章〔昭和33年〕,フランス芸術文化勲章〔昭和35年〕,フィンランド白バラ勲章コマンダー章〔昭和51年〕 毎日芸術賞〔昭和53年〕,モービル音楽賞(第12回)〔昭和57年〕

没年月日
平成2年 6月22日 (1990年)

家族
妻=渡辺 信子(日本フィルハーモニー交響楽団顧問),長男=渡辺 康雄(ピアニスト),二男=渡辺 規久雄(ピアニスト)

親族
岳父=鳩山 一郎(首相)

伝記
オーケストラから時代が聴こえる土の器―み旨のままに渡辺暁雄はながたみ 西崎 専一 著藤浪 みや子 著木之下 晃 写真,船山 隆,渡辺 信子 文森本 ヤス子 著(発行元 風媒社エディット・パルク音楽之友社講談社 ’06’02’96’91発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡辺 暁雄の関連情報