トスカニーニ(英語表記)Toscanini, Arturo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トスカニーニ
Toscanini, Arturo

[生]1867.3.25. パルマ
[没]1957.1.16. ニューヨーク
イタリアの指揮者。パルマ音楽院でチェロと作曲を学ぶ。リオデジャネイロ歌劇場のチェロ奏者をつとめていたが,1886年に代指揮の機会を得,『アイーダ』の指揮で好評を博した。その後イタリア各地の歌劇場で指揮し,98年ミラノスカラ座の指揮者として迎えられた。 1928年以降はアメリカに本拠をおき,ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団NBC交響楽団などの常任指揮者として活躍し,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などヨーロッパの楽団に客演指揮した。 54年に引退。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トスカニーニ

イタリアの指揮者。20世紀前半を代表する名演奏家の一人。生地パルマの音楽院で作曲とチェロを学ぶ。1886年イタリアのロッシ歌劇団のブラジル公演にチェロ奏者兼副合唱指揮者として加わり,突然の指揮者降板で《アイーダ》を暗譜で振って大成功を収める。以後イタリア各地でオペラ指揮者として活躍し,レオンカバロの《パリアッチ(道化師)》,プッチーニの《ラ・ボエーム》などを初演。1898年にはミラノのスカラ座の音楽監督に就任し,1908年−1915年メトロポリタン歌劇場の首席指揮者,1927年−1936年ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者を歴任。1937年には彼のためにNBC交響楽団が創設され,1954年の引退まで常任指揮者として活動。並外れた暗譜力と耳の持ち主で,奏者の一音のミスすらたちどころに指摘した指揮ぶりは有名。主情性を排し,ファシズムに一貫して抵抗したことでも知られる。きわめて厳格,明晰(めいせき)でありながら歌心にもあふれたその演奏様式は,その後の演奏家に大きな影響を与えている。ピアノ奏者ホロビッツは娘ワンダの夫。→M.アンダーソンカルーゾーバーバーメノッティ
→関連項目ジーリテバルディヒュッシュプリムローズレスピーギ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トスカニーニ【Arturo Toscanini】

1867‐1957
イタリアの指揮者。1876年からパルマ音楽院でチェロと作曲を学ぶ。ミラノやトリノの歌劇場の客演指揮者として活動を開始し,レオンカバロの《パリアッチ》やプッチーニの《ラ・ボエーム》などを初演した。1898‐1903年と06‐08年にスカラ座の首席指揮者を務めた。08年ニューヨークのメトロポリタン歌劇場の首席指揮者となり,カルーゾーらとともにイタリア・オペラ全盛時代を築いた。10年代からコンサート指揮者としても華やかな活動を開始し,26年から36年まではニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団,37年からはNBC交響楽団とともに,ベルリオーズドビュッシー,ベートーベンの作品を好んで取り上げた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トスカニーニ【Arturo Toscanini】

1867~1957) イタリアの指揮者。スカラ座の監督、ニューヨーク-フィルハーモニー・ NBC 交響楽団の常任指揮者をつとめた。楽譜に忠実な演奏態度は新即物主義的と評価された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トスカニーニ
とすかにーに
Arturo Toscanini
(1867―1957)

イタリアの指揮者。3月25日パルマに生まれる。パルマとミラノの音楽院で主としてチェロを学ぶ。1886年リオ・デ・ジャネイロでオペラ『アイーダ』の指揮に急に起用されながらも成功を収め、指揮に転じ、同年トリノでカタラーニのオペラ『エドメア』でイタリア・デビューした。以来イタリア各地でオペラ指揮者として活動、92年レオンカバッロの『道化師』、96年プッチーニの『ボエーム』を初演、名声を高めた。1898~1908年ミラノ・スカラ座音楽監督。08~15年ニューヨークのメトロポリタン歌劇場指揮者を務め、同歌劇場の黄金時代を築く。その間の10年にはプッチーニの『西部の娘』を初演している。13年コンサートに進出し、成功を博す。21~29年スカラ座に復帰、26年プッチーニの遺作『トゥーランドット』を初演した。29~36年ニューヨーク・フィルハーモニー常任指揮者。37年トスカニーニのためにニューヨークにNBC交響楽団が組織されて常任指揮者となり、54年の引退まで同交響楽団を率いてアメリカ楽壇のみならず、世界の楽壇に君臨した。57年1月16日ニューヨークに没。
 トスカニーニは作曲者の指示を厳格に守り、作品の構造を明確に浮かび上がらせつつ、あらゆるフレーズを歌わせ、あらゆるリズムを生命力たくましく再現する演奏スタイルを築き上げ、20世紀の指揮界に新風を送り込んだ。フルトベングラーとともに20世紀前半を代表する名指揮者。[岩井宏之]
『H・タウブマン著、渡辺曉雄訳『トスカニーニ――生涯と芸術』(1966・東京創元社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トスカニーニの関連情報