コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湊紙 ミナトガミ

大辞林 第三版の解説

みなとがみ【湊紙】

和泉国(現在の大阪府)湊村で創製された粗製の鳥の子紙。壁の腰張りなどに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湊紙
みなとがみ

江戸時代に和泉(いずみ)国(大阪府)堺(さかい)の湊村で漉(す)かれた和紙。鳥の子系統の下等な漉き返し紙で、壁の腰張りに多く使用された。のちに摂津国有馬(ありま)郡山口村(兵庫県西宮(にしのみや)市)でも同様な紙が漉かれたが、この山口湊紙は隣の名塩(なじお)村(西宮市)の抄造法をまねて粘土を混入して漉かれた。湊紙は井原西鶴(さいかく)などの江戸の文学作品に出てくる。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

湊紙の関連キーワード漉き返し

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android