湯地定基(読み)ゆち さだもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯地定基 ゆち-さだもと

1843-1928 明治-大正時代の官僚。
天保(てんぽう)14年9月4日生まれ。湯地定監(さだのり),乃木静子の兄。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。明治3年藩命をうけアメリカで農学をまなぶ。帰国後,開拓使に勤務,のち根室県令,北海道庁理事官などをつとめる。北海道の洋式農業の発展につくした。24年貴族院議員。昭和3年2月10日死去。86歳。通称は治左(右)衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android