コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯地定監 ゆち さだのり

2件 の用語解説(湯地定監の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯地定監 ゆち-さだのり

1849-1927 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)2年10月8日生まれ。湯地定基(さだもと)の弟。乃木静子の兄。薩摩(さつま)鹿児島藩医の子。明治5年機関学をまなぶためアメリカ海軍兵学校に留学。筑紫,扶桑などの機関長をへて,30年海軍機関学校長となる。中将。39年貴族院議員。昭和2年1月29日死去。79歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

湯地定監

没年:昭和2.1.29(1927)
生年:嘉永2.10.8(1849.11.22)
明治大正期の海軍軍人。町医湯地定之,天伊子の3男。鹿児島生まれ。長兄定基は貴族院議員,末妹静子は陸軍大将乃木希典の妻。同藩開成所,海軍所を経て明治4(1871)年工部省11等出仕,翌年兵部省11等出仕に転じ,機関学修業のためアメリカ海軍兵学校に留学。14年帰国して海軍中機関士に任じられ,17年「筑紫」機関長。翌年「浪速」回航委員,機関少監としてイギリスに派遣され,同艦機関長。その後「扶桑」「高千穂」各機関長などを経て,23年機関大監,佐世保予備艦隊機関長となり,日清戦争(1894~95)には連合艦隊機関長として出征,伊東祐亨司令長官を補佐した。30年軍務局機関課長,同年機関総監(のち機関中将),機関学校長となり,後進の指導に心を砕いた。機関学校修業期間短縮に反対し,また機関科士官の待遇改善に努めた。39年予備役編入,貴族院議員となった。<参考文献>伊地知四郎編『海軍中将湯地定監君』

(岸本昌也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯地定監の関連キーワード伊集院五郎鈴木寛之助鶴田鹿吉野間口兼雄野元綱明日高謹爾平野勇湯地定基湯地治左衛門

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone