コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯山三吟百韻 ゆのやまさんぎんひゃくいん

2件 の用語解説(湯山三吟百韻の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆのやまさんぎんひゃくいん【湯山三吟百韻】

室町時代の連歌。1巻。〈湯山〉のよみは〈ゆやま〉とも。1491年(延徳3)10月20日,宗祇とその高弟の肖柏宗長を連衆として摂津国湯山(有馬温泉)で張行された〈賦何人連歌(ふすなにひとれんが)〉の通称。発句〈薄雪に木の葉色こき山路かな〉(肖柏),脇句〈岩もとすすき冬やなほみん〉(宗長),第三〈松むしにさそはれそめし宿出でて〉(宗祇)以下100句で,挙句は肖柏の〈一(ひと)むらさめに月ぞいさよふ〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯山三吟百韻
ゆのやまさんぎんひゃくいん

室町後期の連歌(れんが)作品の一つ。1491年(延徳3)10月20日、摂津湯山(現神戸市有馬(ありま)温泉)で、肖柏(しょうはく)、宗長(そうちょう)、宗祇(そうぎ)の3人でつくった。池田に住んでいた肖柏が二人を招いて催した会とされる。発句は肖柏で、「うす雪に木の葉色こき山路(やまぢ)かな」に始まり、『水無瀬(みなせ)三吟百韻』(1488成る。作者3人は同じ)とともに古来連歌の名作に数えられる。1538年(天文7)に宗牧(そうぼく)が加えた注釈のほか数種の古注が残っていて、当時の理解が知られることも重要である。[奥田 勲]
『金子金治郎他注解『日本古典文学全集32 連歌俳諧集』(1974・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯山三吟百韻の関連キーワード紹九応安新式竹林抄水無瀬三吟落書露顕恵俊信永宗伊忍誓持政

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone