コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水無瀬三吟百韻 みなせさんぎんひゃくいん

4件 の用語解説(水無瀬三吟百韻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水無瀬三吟百韻
みなせさんぎんひゃくいん

室町時代の連歌。長享2 (1488) 年1月に,後鳥羽天皇を祀る水無瀬神宮に奉納するため,宗祇 (そうぎ) が弟子の肖柏宗長と3人で詠んだ何人 (なにひと) 百韻。発句は宗祇の「雪ながら山本かすむ夕べかな」で,後鳥羽院の「見渡せば山本かすむ水無瀬川夕は秋となに思ひけむ」の本歌取り

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水無瀬三吟百韻【みなせさんぎんひゃくいん】

室町時代の百韻連歌。1488年成立。宗祇とその高弟,肖柏宗長の3人が水無瀬の後鳥羽院御影(みえい)堂(水無瀬神宮)に奉納した連歌。作者は当代の代表的連歌師たちで,後世百韻連歌の模範とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みなせさんぎんひゃくいん【水無瀬三吟百韻】

室町時代の連歌。1巻。後鳥羽院の水無瀬の廟に奉納するために,宗祇とその高弟の肖柏宗長を連衆(れんじゆ)として,1488年(長享2)正月22日の院の月忌に山城国山崎で張行された〈賦何人連歌(ふすなにひとれんが)〉の通称。宗祇の発句〈雪ながら山もとかすむ夕かな〉および宗長の挙句〈人をおしなべみちぞただしき〉は,それぞれ新古今和歌集》所収の院の〈見わたせば山もと霞む水無瀬河夕は秋となに思ひけむ〉(巻一),〈おく山のおどろがしたもふみわけてみちある代ぞと人に知らせむ〉(巻十七)を本歌とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水無瀬三吟百韻
みなせさんぎんひゃくいん

連歌百韻。1488年(長享2)1月22日張行。宗祇(そうぎ)、肖柏(しょうはく)、宗長による三吟。22日は後鳥羽院(ごとばいん)の月忌で、後鳥羽院の水無瀬の廟(びょう)に奉納。張行場所には諸説あるが、発句に「雪ながら山もとかすむ夕かな」(宗祇)と水無瀬の廟からの眼前の眺望を詠んでおり、山崎(京都府大山崎町)あたりかと思われる。『湯山(ゆのやま)三吟』とともにもっとも規範的な作品とされ、昌休(しょうきゅう)、宗養の『連歌天水抄』には、その表八句の句さばきの巧妙さが解説されている。[島津忠夫]
『島津忠夫校注『新潮日本古典集成 連歌集』(1979・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水無瀬三吟百韻の関連キーワード水無瀬氏信水無瀬神宮五十番歌合水無瀬三吟後鳥羽院後鳥羽院御口伝大阪府三島郡島本町水無瀬後鳥羽院下野坊門親信水無瀬親成

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone