水無瀬三吟百韻(読み)みなせさんぎんひゃくいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水無瀬三吟百韻
みなせさんぎんひゃくいん

室町時代の連歌長享2 (1488) 年1月に,後鳥羽天皇を祀る水無瀬神宮に奉納するため,宗祇 (そうぎ) が弟子の肖柏宗長と3人で詠んだ何人 (なにひと) 百韻発句は宗祇の「雪ながら山本かすむ夕べかな」で,後鳥羽院の「見渡せば山本かすむ水無瀬川夕は秋となに思ひけむ」の本歌取り脇句「行く水とほく梅にほふさと」 (肖柏) ,第三「川風に一むら柳春見えて」 (宗長) 。佳句が多く,式目上の運び方の点でも模範的なものとされ,同じ3人の『湯山三吟百韻』とともに完成期の連歌の代表的百韻として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

水無瀬三吟百韻【みなせさんぎんひゃくいん】

室町時代の百韻連歌。1488年成立。宗祇とその高弟肖柏宗長の3人が水無瀬の後鳥羽院御影(みえい)堂(水無瀬神宮)に奉納した連歌。作者は当代の代表的連歌師たちで,後世百韻連歌の模範とされた。同じ連衆による,3年後の《湯山(ゆのやま)三吟百韻》がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなせさんぎんひゃくいん【水無瀬三吟百韻】

室町時代の連歌。1巻。後鳥羽院の水無瀬の廟に奉納するために,宗祇とその高弟の肖柏宗長を連衆(れんじゆ)として,1488年(長享2)正月22日の院の月忌に山城国山崎で張行された〈賦何人連歌(ふすなにひとれんが)〉の通称。宗祇の発句〈雪ながら山もとかすむ夕かな〉および宗長の挙句〈人をおしなべみちぞただしき〉は,それぞれ《新古今和歌集》所収の院の〈見わたせば山もと霞む水無瀬河夕は秋となに思ひけむ〉(巻一),〈おく山のおどろがしたもふみわけてみちある代ぞと人に知らせむ〉(巻十七)を本歌とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水無瀬三吟百韻
みなせさんぎんひゃくいん

連歌百韻。1488年(長享2)1月22日張行。宗祇(そうぎ)、肖柏(しょうはく)、宗長による三吟。22日は後鳥羽院(ごとばいん)の月忌で、後鳥羽院の水無瀬の廟(びょう)に奉納。張行場所には諸説あるが、発句に「雪ながら山もとかすむ夕かな」(宗祇)と水無瀬の廟からの眼前の眺望を詠んでおり、山崎(京都府大山崎町)あたりかと思われる。『湯山(ゆのやま)三吟』とともにもっとも規範的な作品とされ、昌休(しょうきゅう)、宗養の『連歌天水抄』には、その表八句の句さばきの巧妙さが解説されている。[島津忠夫]
『島津忠夫校注『新潮日本古典集成 連歌集』(1979・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みなせさんぎんひゃくいん みなせサンギンヒャクヰン【水無瀬三吟百韻】

連歌集。一巻。宗祇(そうぎ)・肖柏(しょうはく)・宗長(そうちょう)が長享二年(一四八八)後鳥羽院の御廟法楽として水無瀬神宮に奉納したもの。賦物(ふしもの)は何人(なにひと)。洗練され精妙を尽くし格調高く、正風連歌の典型として重んじられる。長享二年正月二十二日水無瀬三吟百韻。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android