コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯檜曾[温泉] ゆびそ

百科事典マイペディアの解説

湯檜曾[温泉]【ゆびそ】

群馬県みなかみ町,水上温泉郷の温泉。含食塩重炭酸泉。58℃。15世紀に安倍氏が発見したという。谷川岳南東麓,湯檜曾川河畔に旅館が並び,上越線が通じ,新清水トンネルの南口にある。
→関連項目水上[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆびそ【湯檜曾[温泉]】

群馬県北部,利根郡水上町にある温泉。単純泉,65~71℃。谷川岳南麓の利根川本・支流沿いにある水上温泉郷の一つで,湯檜曾川河畔にある。室町初期,安倍孫八郎貞次の発見と伝えられ,古くから三国街道(現,国道17号線)の旅人に親しまれてきた。1931年清水トンネルが完成し,上越線が全線開通してから急速に発展した。湯量が豊富で共同浴場もある。静養に適し,谷川岳登山,奥利根探勝の基地で,冬季はスキーも楽しめる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

湯檜曾[温泉]の関連キーワード上信越高原国立公園

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android