源五郎/竜蝨(読み)ゲンゴロウ

デジタル大辞泉の解説

げんごろう〔ゲンゴラウ〕【源五郎/竜蝨】

甲虫目ゲンゴロウ科の昆虫体長約40ミリ。体は扁平、黒色で側縁に黄褐色すじがある。後脚は長く、長毛が生えたオール状。池沼にすみ、成虫・幼虫ともに他の昆虫やカエル・魚などを捕食 夏》「代(しろ)掻けばおどけよろこび―/風生
[補説]沼地や水田の減少、水質汚染、外来生物補食などにより生息数が急減しており、平成24年(2012)環境省レッドリスト絶滅危惧Ⅱ類に指定された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんごろう【源五郎】

ゲンゴロウ科の昆虫。体長35~40ミリメートル。体は長卵形で平たく、黒色で緑銅光沢があり、外縁部や肢は暗黄褐色。池や沼にすみ、昆虫・小魚などを捕食する。地方によっては食用にする。日本全土と台湾・朝鮮・シベリアなどに分布。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんごろう ゲンゴラウ【源五郎】

〘名〙
① コウチュウ目ゲンゴロウ科の水生昆虫。体長約四センチメートル。体は扁平な卵形。背面は緑色光沢を帯びた黒色で、左右に黄色のふちどりがある。雌の背面は細かい縦じわがある。後ろあしは平たく、多くの毛があり泳ぐのに適する。池、沼などにすみ、成虫、幼虫ともに肉食性で、他の水生昆虫やオタマジャクシなどを捕食。夜、灯火にも飛来し、捕えられると悪臭のある分泌液を出す。日本各地のほかに中国、朝鮮半島などに分布するが、日本では近年生息地が破壊され、数が激減している。源五郎虫。げんごろ。〔日本昆虫学(1898)〕
② ゲンゴロウ科に属する甲虫の総称。体型は多く卵形で、体長一~四〇ミリメートルぐらいまで。種類は多く世界に約三〇〇〇種、日本では約九〇種知られる。ヒメゲンゴロウ類、ケシゲンゴロウ類、ゲンゴロウ類などに分けられる。《季・夏》
※雑俳・住吉おどり(1696)「つけてをく名を源五郎と近江鮒

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android