コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源厳子 みなもとの げんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源厳子 みなもとの-げんし

?-879 平安時代前期,清和天皇の女御(にょうご)。
源能有(よしあり)の娘。従四位下。温明殿(うんめいでんの)女御とよばれた。源全姫(またひめ)の60歳の賀に毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)をえがき,このときの菅原道真作の願文が「菅家文草」にみえる。元慶(がんぎょう)3年6月26日死去。名は「いずこ」ともよむ。

源厳子 みなもとの-いずこ

みなもとの-げんし

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源厳子

没年:元慶2.6.26(878.7.29)
生年:貞観2頃(860)
平安前期,清和天皇の女御。温明殿女御ともいわれる。源能有の娘で,文徳天皇の孫に当たる。貞観13(871)年,尚侍源全姫60歳の賀に毘盧舎那仏の絵を作り功徳を修めたが,その願文は菅原道真の作。厳子は当時まだ幼く,父の計画によるものであろう。元慶2(878)年3月退下し,従四位下で死去。10代だったと思われる。

(児島恭子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

源厳子の関連キーワード没年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android