コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源氏巻(き) ゲンジマキ

デジタル大辞泉の解説

げんじ‐まき【源氏巻(き)】

棹物(さおもの)菓子の一。小口切りにしたときに紅白の渦巻き模様が出るようになっているもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

源氏巻

島根県鹿足郡津和野町の名物菓子。カステラ状の生地でこし餡を巻き焼き上げたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

源氏巻[菓子]
げんじまき

中国地方、島根県の地域ブランド。
主に鹿足郡津和野町で製造されている。口どけの良いこし餡を、しっとりしたカステラ状の生地で巻いたあん巻。江戸時代の元禄期、勅使接待役を命じられ、指導役の吉良上野介に辱めを受けていた津和野藩主・亀井茲親の危機を救うため、家臣が献上した吉良への進物に由来するという。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

源氏巻(き)の関連キーワード島根県鹿足郡津和野町塵塚誹諧集祐倫棹物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android