コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源湛 みなもとの たたう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源湛 みなもとの-たたう

845-915 平安時代前期-中期の公卿(くぎょう)。
承和(じょうわ)12年生まれ。源融(とおる)の長男。嵯峨(さが)源氏。蔵人頭(くろうどのとう),左近衛権(さこんえのごんの)中将をへて,寛平(かんぴょう)5年参議となる。のち従三位,大納言にすすむ。延喜(えんぎ)15年5月21日死去。71歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源湛

没年:延喜15.5.21(915.7.6)
生年:承和12(845)
平安前期の公卿。従三位。左大臣源融 と藤原総継の娘の子。嵯峨天皇の孫。19歳で叙爵,京官を歴任し,宇多天皇のとき4年間の蔵人頭を経て寛平5(893)年,参議。このとき筆頭公卿は72歳の父,左大臣融。延喜8(908)年,中納言となり,13年大納言に昇進したが,翌年に致仕した。30歳のとき死別した妻のために阿弥陀像1体を造って功徳を修したこと,52歳のとき亡父一周忌にその遺志をついで嵯峨の棲霞観を寺に改めたことなどが菅原道真作の願文(『菅家文草』)から知られる。邸宅は平安京右京北辺の宇多院。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

源湛の関連キーワード没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android