源通子(読み)みなもとの みちこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源通子 みなもとの-みちこ

みなもとの-つうし

源通子 みなもとの-つうし

?-1221 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の母。
贈左大臣源通宗(みちむね)の娘。土御門(つちみかど)天皇の後宮にはいって典侍となり,後嵯峨天皇,仁助法親王,静仁法親王,正親町院(おおぎまちいん)(覚子内親王),春子女王を生む。承久(じょうきゅう)3年8月死去。皇太后を追贈された。名は「みちこ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android