コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源雅実 みなもとの まさざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源雅実 みなもとの-まさざね

1059-1127 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
康平2年生まれ。源顕房(あきふさ)の長男。母は源隆俊の娘。久我(こが)家の祖。承暦(じょうりゃく)元年(1077)参議。従一位にすすみ,保安3年(1122)源氏初の太政大臣となる。久我太政大臣とよばれた。舞曲にすぐれ,勅命多忠方(おおの-ただかた)に胡飲酒(こんじゅ)の秘曲を伝授した。大治(だいじ)2年2月15日死去。69歳。日記に「雅実公記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源雅実

没年:大治2.2.15(1127.3.29)
生年康平2(1059)
平安末期の公卿村上源氏。右大臣源顕房と源隆子(隆俊の娘)の子。姉藤原賢子は白河天皇の皇后。承暦1(1077)年参議となり,近衛大将・右大臣を経て,従一位太政大臣となる。源氏として太政大臣になった最初の人物で久我太政大臣と称された。

(渡辺晴美)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのまさざね【源雅実】

1059‐1127(康平2‐大治2)
平安後期の公卿。右大臣顕房の長男。母は権中納言源隆俊の女。姉の賢子が白河天皇の中宮となり,ついでその所生堀河天皇が即位したので,19歳で早くも参議に昇り,内大臣,右大臣を経て,1122年(保安3)太政大臣に進んだ。源氏の太政大臣の最初で,時人は〈現世の昇進すでに万人に超ゆ〉と評した。24年(天治1)病のため辞官出家し,蓮覚と号したが,27年2月15日没し,23日久我山荘に葬られた。久我太政大臣と称される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の源雅実の言及

【類聚歌合】より

…20巻。かつて関白藤原頼通が主宰し,源経信が監修した10巻本の《歌合》にならって,それをこえようとする意欲をもって堀河天皇の主宰,権大納言源雅実監修のもとに編集し始められたのが《和歌合抄》10巻であったが,1096年(永長1)ころから始まったこの事業は,1107年(嘉承2)天皇の死去によって中断した。しかし鳥羽天皇の初年,天仁・天永(1108‐13)のころには,その名を《古今歌合》と改めて編集事業が再開され,修正増補を加えて15,16巻の規模に増大していった。…

※「源雅実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

源雅実の関連キーワード類聚歌合源雅定源顕通没年

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android