コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平重盛像 たいらのしげもりぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平重盛像
たいらのしげもりぞう

京都,神護寺に伝わる 12世紀末の平重盛肖像画。国宝。『源頼朝像』ほか4像とともに同寺仙洞院に置かれていた。頼朝像と同じ精密な技法で描かれたが,肌色の関係で頭部の絹がいたみ,輪郭や眼鼻の線描に欠落が多く,かえって鋭い表現がやわらぎ穏やかな印象を与える。寺伝のとおり藤原隆信の手に成り,肖像画に新しい様式を開いたものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

平重盛像の関連キーワード似絵

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android