コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平重盛像 たいらのしげもりぞう

1件 の用語解説(平重盛像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平重盛像
たいらのしげもりぞう

京都,神護寺に伝わる 12世紀末の平重盛の肖像画。国宝。『源頼朝像』ほか4像とともに同寺仙洞院に置かれていた。頼朝像と同じ精密な技法で描かれたが,肌色の関係で頭部の絹がいたみ,輪郭や眼鼻の線描に欠落が多く,かえって鋭い表現がやわらぎ穏やかな印象を与える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平重盛像の関連キーワード谷内清巌谷口清巌神護寺小松殿寺宝真体世紀末の詩高原の神舞桛田荘神護寺(神宮寺)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone